スノーピーク * snowpeakのトルテュPRO

スノーピーク * snowpeakトルテュPro

トルテュ Pro 現場投入

今までの我が家の状況

昨年までのColemanスクリーンタープ
昨年までのColemanスクリーンタープ

いかがでしょうか?このやつれ具合www
これは、10年くらい使ったでしょうか?普通にタープの中にも雨が降るんです。www

防水の膜がすり切れてガーゼみたいになっちゃってるじゃ無いですかぁ。これもキチンと修理する方法があるらしいですが、トルテュを買った後まで知りませんでした。笑”

有名なところで、テムポ化学 テント用強力防水液 パラウェットや、ポロンTという液状のものを刷毛で塗る方法があるようです。Youtubeなどでやり方は説明されていました。

更に、撥水性能をキープするために、よく売られている缶スプレーを生地が湿っている状態で内側から吹き付けるのだそうです。

テントやタープも近年高価になっていますので、買い換えの前に挑戦する価値はあるのかなぁ」と思います。と言うのも、実は僕以前のタープって結構気に入っていたんです。

Colemanのスクリーンタープとドームテント
Colemanのスクリーンタープとドームテント

幌馬車みたいで可愛いじゃ無いですか、当時からドームは300がほとんどだったと思いますが、270というなかなかのコンパクトさ!

最近のトルテェもこの幌馬車型がベースになっていると思うんですね。過去のキャンプシーンが思い出されます。このテントもスクリーンタープも各々が3万円程度で買えたんですよね。元は上がったかと思いますよ。

 

 

 

 




本題のトルテュ Proのお話し

スノーピーク * snowpeakのトルテュPRO
スノーピーク * snowpeakのトルテュPROが届きましたよ。

小野さんのおすすめ
さぁ、届きましたよ。

スノーピーク * snowpeak トルテュ Pro 定価178000円(税抜き)!

買い方はいろいろあるようですが、Wild 1か、スポーツオーソリティあたりが無難なのでしょうか?安く買えるし、スノーピークポイントも貯まりますよね!はたまた楽天は実質値引きとも言えるようなポイントが付与されます。

 

まずは、小野さんの感想!

「箱がデカくて、重いです」

でした。笑”

今まで、数回はテントを買ったことがありましたが、その中でもひときわ重くて大きいです。ホントビックリ!さてこのトルテュProを持って出掛けてみましたよ。

スノーピーク * snowpeakトルテュProデビュー

もしあなたがスノーピーク * snowpeakのトルテュProを購入するのなら、一緒に行く人と絶対見ておいた方がいい動画がこれです。

時間の長い動画ですが、これを数回見て予習していくと、組み立てがメッチャ早くできます。購入した方の動画やブログを拝見しているとほとんどが1時間越えで片手に取説を持って作業されてました。

ほとんどが色別になっていて、おおよそのパーツの名称が頭に入って入ればそんなに面倒ではありません。実際にやってみましたら、30分程度で出来上がりました。これには大満足でした。

トルテュProのオプション

グランドシート、インナーマット、ルーフシールド
グランドシート、インナーマット、ルーフシールド

これがグランドシート、インナーマット、ルーフシールドのオプション3点セットです。

トルテュProのテント部分は居たって構造が簡単でドームの内側(ポールの内側にフックが縫い付けてある)にぶら下げ、地面側は、本体を固定したペグにベルトを引っ掛けて固定します。

snowpeakトルテュProルーフシールド:寒いときの結露防止や暑い日は日差しを遮る役目をします。雨音も多少軽減されます。下の写真でも分かるようにトルテュProは本体のみでも十分に防水性能は高いので手入れをマメにすれば必要無いかもしれませんね。
 

snowpeakトルテュProグランドシート:地面の水分などがテント内に侵入するのを防いでくれます。テントは空から見ると台形ですのでその形通りに整形されていますから面倒な折りたたみなど必要ありません。グランドシートはブルーシートのようなもので代用しても問題無いと思います。
 

snowpeakトルテュProインナーマット:テントの床がフカフカになります。結構な厚みがあるので環境の良い場所であれば、スリーピングマットは不要になることもあるでしょう。また、十分な厚さのスリーピングマットがあればそれだけでもいいかもしれません。
 

まとめ

実はたった一泊でしたが自宅から30分程度でいける市内のキャンプ場に設営の練習をしながら、おかーさんと行って来たんです。再度お話しますが、上のYoutube動画は1〜2回予習で見て下さい。現場で楽々設営が出来るはずです。

僕の感想をお話します。

本当に、いちいち丈夫に出来ています。生地も厚いし見るからに丈夫そうです。か細い女性だと3人くらい居ないと組み立てれないかもしれません。ポールをテントの裾部分にあるピンに差し込むとき結構力が要りますが、ウチのおかーさんにやらせてみたのですが、出来ない箇所があり結局僕がその部分を差し込みました。

女性オンリーでキャンプをするときは、アッシーならぬ、セッチーを探しておいた方が良いかもしれません。笑”

それとルーフシールドは説明書がA4くらいのペラペラに白黒のイラストくらいなので、何度かやってみないと上手く行かないかもしれません。よーく取説を見ると分かるのですが、さすがにこれだけは僕も片手に取説状態でのチャレンジになりました。

このキャンプから帰って来て、インナーテントは不要?と言う会話にもなりました。

11月の3連休はこのトルテュProを持って出掛けますのでどうなることやら・・・また記事にしますね。

 

投稿者: 小野透

小野さんのブログにようこそ!
趣味多き50代のオヤジです。浅く広ーくいろんな事でヒマを潰していますので、その辺をブログにしていきます。気が利かない割りには詳しく書いていくつもりですが、足りない点や突っ込みどこにはドンドンコメントをいただければ幸いです。
自己紹介のページを用意しましたので是非ご覧ください。