Ozpig(オージーピッグ) クッキングストーブ

Ozpigオージーピッグがやって来たぁ!

待ちに待ったOzpigオージーピッグが自宅に届きました。

アウトドア生活もすでに20年越え!「テントの中で薪ストーブを」と今まで夢に思っていました。長年使ったテントを新調する機会に、オーストラリア生まれの豚を購入!今回はその内容を動画も混ぜてご紹介します。

Ozpigオージーピッグを安く買う方法

Ozpigオージーピッグはそもそもオーストラリアで作られています。https://www.ozpig.com.au

オーストラリアの豚という意味でしょうか?笑”  薪ストーブと言い切るよりはクッキング兼暖房用ストーブのジャンルになるようです。さて、このOzpigオージーピッグを安く買う方法を探してみました。

このサイトはオーストラリアの通販会社です。

snows site
https://www.snowys.com.au

さて、「どうせ本国で買うなら安いだろう」と思い、オプション品も含めて欲しいものを全部カートに入れて見ました。ドキッ!

Ozpig(オージーピッグ)ガオプション込みで$649.40

参考に(http://fx.monegle.com/fx.php?rate=649.40&q=AUD

649.40豪ドルを日本円に換算すると
649.40豪ドルを日本円に換算すると

57229円です。

さて、レジに進んでみると「あらっ」日本には発送しないと言うんです。

じゃ、個人輸入会社に依頼しようと見積を依頼してみました。

マイショッパーオーストラリア ●●でございます。
この度はお問い合わせ頂き、誠にありがとうございます。
ご希望の商品のURLを確認いたしました。
商品はサイズの関係でおそらく3点に分けて頂く必要があるかと思われます。実際の商品を見て、最終判断させていただきます。
下記にマイショッパーオーストラリアへお支払い頂く送料・手数料の概算をお伝え致します。実際の商品重量により、変動がございます。予めご了承くださいませ。
3点分、重量18㎏、5kg、5kgでお見積もりしております。
・転送サービス
ー速達便
送料 30900円+10100円+10100円+手数料 2000円x3=合計57100円
検品サービスはオプションで1商品につき200円です。(動作確認は含まれません)
・買付&転送サービスは料金が異なります。ご希望の場合にはお見積りさせていただきます。
「( ̄▽ ̄;)!!ガーン」これが現実なんですね。
「タッケーよ!」
夢破れて、日本のアマゾンで通常通りに購入したんです。
Ozpig(オージーピッグ) クッキングストーブ

Ozpig(オージーピッグ)International セット

 届いたOzpigオージーピッグ

実際に届いた Ozpigオージーピッグ
実際にクロネコヤマトさんが届けてくれましたよぉ〜

あれーーーーー!

Ozpig(オージーピッグ)
アマゾンのOzpig(オージーピッグ)販売ページにある写真には通気用のドアが付いてませんよねぇ。
Ozpigオージーピッグ vented door OZP008-01
通気用のドアって最初から付いてるジャーーン!

ということで、最初からセットになってくるとは知らずに5400円の無駄な出費!!!!!

Ozpig vented door OZP008-01
買っちゃったよーーー!

あちらこちらのサイトでこの通気用ドア(正式名称はOzpig vented door OZP008-01)は付属していたりそうで無かったりしているようです。実際に購入するときは事前に確認した方がいいでしょうね。

実際に届いたOzpigオージーピッグ

まずは、実際に燃えている様子をご覧いただきましょう。

 なかなかいいじゃないですか。

薪のナラ

動画に写っている薪はナラの木です。ホームセンターでは36㎝の長さの物です。お分かりになると思いますがチョット長いですね。30㎝ちょうどくらいがいいと思います。あまり太い薪だと上手に燃えてくれない(本体の温度が低いうち)ので細めに割ったものから徐々に太くしていくと良いようです。

煙突は長いほど(高いほど)空気の吸い込みが良くなるようで燃え方も良くなります。

それでも最終的な太さは、ビール缶程度です。(もっと太い薪でも大丈夫なのかなぁ?)なんせ薪が長いので上手く収まらないので次は実践投入し、ちょうど良い薪を準備した上で再度ブログに書きたいと思います。(の予定です。)

Ozpigオージーピッグでステーキを焼いてみる

他所のサイトを見ていると、Ozpigオージーピッグの上で豪快にステーキなどを焼くシーンがあります。英語は分からないので何を言ってるかは分かんないですけど、まぁすんごいワイルドなお兄さんが豪快にステーキを焼いてくれます。まずは動画をどうぞ!

ここで登場が、

Char-Grill Plate & Drip Tray鋳鉄グリドルとドリップトレー
Char-Grill Plate & Drip Tray鋳鉄グリドルとドリップトレー

どうでしたか?そですね。これが欲しくなるんです。

Char-Grill Plate & Drip Tray鋳鉄グリドルとドリップトレー

上の写真は私が実際に購入し自宅で組み立てたものですが、煙突との隙間を良く見て下さい。

拡大してみます。

Ozpigオージーピッグの煙突とグリドルプレートの隙間
Ozpigオージーピッグの煙突とグリドルプレートの隙間に注意

そうなんです。1〜2㎜程度しか無いんです。ですから、この煙突をちょっと動かしたくなるんですね。

そこで登場するのがこれです。

Ozpig(オージーピッグ) エビ曲煙突
Ozpig(オージーピッグ) エビ曲煙突

このOzpig(オージーピッグ) エビ曲煙突を使い煙突を本体から離してやる必要があるんです。大きめのダッジオーブンなどを使うときには必要になります。
Ozpig(オージーピッグ) エビ曲煙突

Ozpigオージーピッグでホットサンドを焼いてみる

また、違った豪快なお兄さんがホットサンドを焼いてくれます。こちらも何を言ってるかはわかりませんが、笑”

いかがですか?日本人からすると「ススがでている炎の上で直接焼くよりもうチョット優しくキレイに出来ないのかしら?」とも思えますね。

で、これです。優しい話し方のお兄さんが優しく教えてくれてます。以下同様です。笑”

Ozpig Diffuser 炎拡散器の登場です。

Diffuser
Ozpigアクセサリー 炎拡散器 Diffuser

実際に買ってみました。これがアマゾンで¥2484です。
Ozpigアクセサリー 炎拡散器 Diffuser

えーーーー!これってもしかして

fam2017autumn
fam2017autumnの付録COLEMANのDiffuser

アウトドア雑誌fam2017autumnにCOLEMANのDiffuserが付録として付いてきましたけどーー!しかしサイズ違いで使えませんでした。_| ̄|○・・・・

ま、あれこれ探しまくった結果こうして満足のいくセットをそ揃えることが出来ました。あとはこの豚を引き連れて実際のフィールドに出掛けるのが楽しみでしょうが無いこの頃です。

11月の3連休は実際にキャンプに出掛ける予定ですのでその様子をまたブログに公開したいと思っております。ここまでお付き合いありがとうございました。

Ozpig(オージーピッグ) クッキングストーブ

Ozpig(オージーピッグ)International セット

投稿者: 小野透

小野さんのブログにようこそ!
趣味多き50代のオヤジです。浅く広ーくいろんな事でヒマを潰していますので、その辺をブログにしていきます。気が利かない割りには詳しく書いていくつもりですが、足りない点や突っ込みどこにはドンドンコメントをいただければ幸いです。
自己紹介のページを用意しましたので是非ご覧ください。